【Amazon】おうちで試着!サービス利用時の注意点

Amazonでは、服・ファッション小物、靴、バッグなどが配送料のみならず到着後30日以内であれば返送も無料だということはご存知でしょうか?

このサービスを、Amazonでは、「おうちで試着!」と表現しています。

おうちで試着!

  • ブランドによって異なるサイズ、着心地を確かめたい。
  • 色違いや他のデザインを試してみたい。
  • 手持ちの服と合わせてみたい。

出典:30日間返品送料無料 – Amazon.co.jp

まさに試着を想定したサービスで、気に入らなければ無料で返品OKの通販としてはかなり画期的なサービスです。

ただし、注意点もありますので、以下で説明していきます。
まずは、どういった商品が「おうちで試着!」サービスの対象になるのか、について解説します。

スポンサーリンク

おうちで試着!対象カテゴリー

Amazonには、本、おもちゃ、家電&カメラ等の多様なカテゴリーがありますが、30日以内返品無料の対象となるのは、以下のカテゴリーに限ります。

服&ファッション小物:レディース

服&ファッション小物:メンズ

シューズ

バッグ

「ジュエリー」「腕時計」はファッションとは別のカテゴリーのため、おうちで試着!サービスの対象外です。

おうちで試着!対象外商品

上記のカテゴリーの商品であっても、「おうちで試着!」サービスの対象外となる商品もあります。
具体的には以下のとおりです。

  • 福袋
  • 下着・インナー類(靴下、ストッキング、レギンス、スポーツレギンス、タイツ、スパッツなどを含む)を試着した場合

福袋やインナー等は、商品の性質上おうちで試着!サービスの対象外になります。
レギンスやスパッツも試着サービスの対象外なので、注意が必要です。

Amazonマーケットプレイスの商品の一部は対象外

Amazonには、Amazon本体が売っている商品と、Amazonマーケットプレイス出品者が売っている商品が混在しています。

Amazon本体が販売する商品は、当然「おうちで試着!」サービスの対象となります。

Amazonマーケットプレイスの出品物の場合は、出品物の発送方法により、対象商品になるかどうかが決定されます。

  1. 発送をマーケットプレイス出品者が行う商品については、「おうちで試着!」サービス対象外
  2. 発送をAmazonが行う商品については、「おうちで試着!」サービスの対象に含まれる

となりますので注意してください。
Amazon発送の商品を見分ける方法としては、Amazonプライムマークを活用してください。
このマークがあれば対象商品です。

Amazonプライムのマーク

Amazonプライムのマーク

Amazonマーケットプレイスについては、こちらに詳しくまとめました。
Amazonマーケットプレイスの制度をわかってないと、アマゾンで損をしている可能性がある

「おうちで試着!」サービス対象商品に関してまとめ

今までの話をまとめると、「おうちで試着!」サービスの対象になるのは

  1. Amazonが発送する商品
  2. 「服&ファッション小物」もしくは「シューズ・バッグ」カテゴリー
  3. 福袋、下着・インナー類以外

これらすべてを満たしているものです。

次に、実際に返品・交換するときの注意点をまとめていきます。

返品条件

返品条件は2つです

  1. 商品到着後30日以内の返品
  2. 試着のみの利用

以下で説明していきます。

商品到着後30日以内の返品

商品が到着して30日以内にAmazonへの返送手続きを完了させることが必要です。
と言っても、することは

  1. オンライン上で返品理由等を入力し、返品の申し込みをする
  2. 返品用ラベルと返品受付IDを印刷する
  3. 郵便局に集配に来てもらう

だけなので、プリンターさえ自宅にあれば何の問題もありません。
返品手続きについては別記事にしようと思いますので、そちらをご覧ください。

商品到着日については、アカウントサービス→注文履歴で配達完了日が確認できます。

ちなみに30日を経過した場合は、返金額が20%減額されます。

試着のみの利用

Amazonによると「試着のみ」というための要件は以下のとおりです。

  • 屋外での着用がないこと
  • 商品タグ、内紙、成型材などの内容物、付属品をが発送時のまま保存されていること
  • インク、飲料などのシミがないこと
  • 香水やたばこなどの匂いうつりがないこと
  • ファンデーションなどの化粧汚れがないこと
  • その他試着を超えるの用途でのダメージのないこと

出典:30日間返品送料無料 – Amazon.co.jp

いずれも、ごく一般的な要件だと思います。

返金方法

返金方法は、支払い方法によって異なりますが、基本的には、支払い方法と同じ方法で返金されることになります。

クレジットカード払いなら、当該クレジットカードに、Amazonギフト券利用ならアマゾンギフト券残高に、Amazonポイント利用ならアマゾンポイント残高に戻ることになります。

コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い・代金引換で支払った場合には、Amazonギフト券での返金か銀行振込での返金かを選択できます。

以下に、支払い方法と返金方法の対応表をAmazon.co.jp ヘルプ: 返金についてより転載します。

お支払い方法 返金方法 返品・交換商品の受領から返金までの日数(目安)
クレジットカード 購入時と同じクレジットカード 1-3日程度 ※1
コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い Amazonギフト券残高もしくは銀行振込 ※3 (Amazonギフト券)1-3日程度

(銀行振込)1-3週間程度 ※2

代金引換 Amazonギフト券残高もしくは銀行振込 ※3 通常1-2週間、最大3週間程度
Amazonギフト券 Amazonギフト券残高 1-2日程度
Amazon ポイント Amazonポイント残高 1-3日程度
キャンペーン用クーポン 返金対象外

※1クレジットカード会社の対応により、当サイトで返金処理を完了してから、実際に返金されるまでに時間がかかる場合があります。返金はカード会社の締め日と支払い日に準じて行われます。

※2 通常、Amazon.co.jpが販売する商品の返金には1-2週間、出品者が販売する商品の返金には2-3週間かかります。

※3 銀行振込での返金をご希望の場合は、銀行口座の登録が必要です。詳しくは以下「銀行振込での返金についてをご確認ください。

注:

  • お支払い時にAmazonギフト券と他の支払い方法を併用した場合、Amazonギフト券のご利用分はアカウントのAmazonギフト券残高に戻り、残額が上記の支払い方法に従い返金されます。
  • ギフトで受け取った商品は、贈り主のお支払い方法にかかわらず、Amazonギフト券で返金いたします。ギフトを返品・交換しても、ギフトの贈り主には商品の返品・交換のお知らせはされません。
  • 返金にかかるAmazon.co.jp の債務には利息を付しません。
  • 高額商品、および並行輸入の腕時計は、返品後にメーカーで現品を確認してから返金の手続きを進めます。そのため、上記の目安よりも日数がかかります。
  • 海外に配送した商品の返品・交換の場合、お客様から徴収させていただいた輸入税等前払金については、利用条件に従って返金が行われます。ただし、返金までに60日程度を要する場合がございます。この返金額に対して利息は付きません。

ギフト(プレゼント)で受け取った商品も贈り主に知られずに返品・交換できるというのは、助かる人も多いのではと思います。

服や靴は実物を確認して購入したいけど、なかなか買物にいけないという人にとっては非常にありがたいサービスです。

せっかくのサービスですから、上手に利用したいですね。

関連記事

Amazonマーケットプレイスの制度をわかってないと、アマゾンで損をしている可能性がある

アマゾンプライム 入会・退会方法から更新システム、年会費返金までを徹底解説

楽天ふるさと納税 ポイント獲得ガイド 【準備編】


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。