大阪屋ショップ独自の楽天ポイントカードを発行するメリットと注意点・お得情報

今回は富山県と石川県で展開するスーパーマーケット「大阪屋ショップ」のポイントカードのお話です。

大阪屋ショップのポイントカードが、楽天ポイントカードに切り替わりました。
今回の記事は以下のラインナップでお届けします。

  • 大阪屋ショップ独自の楽天ポイントカードを発行するメリットがあるのか
  • 新カード発行の際の注意点
  • お得情報

少し長い文章ですが、最後のお得情報では、Edy初利用で600ポイント10,000円で700ポイント以上得する方法などもご紹介しますのでお楽しみに。

スポンサーリンク

大阪屋ショップEdy-楽天ポイントカード発行のメリット

まずは、大阪屋ショップ独自の楽天ポイントカードを発行するメリットからご紹介します。

1. 旧カードのポイントが引き継げる

楽天ポイントカードを既に持っている、または、スマホの楽天ポイントカードアプリを使っている場合、そのまま大阪屋ショップで利用できます
楽天ポイントを使った支払いもできますし、楽天ポイントもたまります。

ただし、他社カード場合は、旧カード(パワーポイントカード)のポイントを新カード(大阪屋ショップEdy-楽天ポイントカード)に引き継ぐことはできません

新カードを発行する場合は、移行日前日までにためていた旧カードのポイントは、自動的に移行日に新カードに移行します。

大阪屋ショップの旧カードは500ポイントがたまれば、即時500円(税別)の金券(レシート)に引き換えられていたため、移行するポイントは最大でも499ポイント、ということになります。

2. 大阪屋ショップ独自のキャンペーンに参加可能

他社で作った楽天ポイントカードでは「大阪屋ショップの独自キャンペーンには参加できない」という話を大阪屋ショップの店員さんから聞きました。情報が入れば追記します。

追記 2018.5.27

1. ○○を購入で50ポイント、という案内を店内でよく見かけますが、その場合、ポイントが付与されるのは、大阪屋ショップEdy-楽天ポイントカードを提示した場合のみです。

2. Edyチャージキャンペーン(電子マネーチャージのポイント倍率アップ)は、大阪屋ショップ店内にある機械で大阪屋ショップEdy-楽天ポイントカードでチャージした場合のみ適用されます。

ちなみに、ポイント倍率アップ(「本日はポイント〇倍デーです」などのアレです)は、他社で作った楽天ポイントカードでも問題ありません

3.楽天Edyの機能が利用できる

楽天ポイントカードには、ポイントカード機能だけのものと、楽天Edy(電子マネー)機能が付帯したものがあります。

大阪屋ショップの楽天ポイントカードには楽天Edy機能がついています。
ちなみにEdyとして利用するには事前にチャージ(入金)しておく必要があります。

大阪屋ショップの楽天ポイントカードを作成する際の注意点

次に、大阪屋ショップEdy楽天ポイントカードを発行する際の注意点を挙げます。

1. カードの受け取りは店舗で・申し込みはWEBで

まず、大阪屋ショップEdy楽天ポイントカードの現物は大阪屋ショップの店頭で入手する必要があります。

切り替えには旧カードを持っていく必要があります。
そこで、Web登録か店頭での申し込みかを聞かれますので、必ず「WEB登録」と答えてください。

WEB登録のメリットは二つあります。

  1. 楽天ポイントカードが使えるようになる時期が店頭登録より1ヵ月以上早い
  2. 楽天市場での利用やほかの楽天ポイントカードでのポイント統合ができる

●利用開始日が早い

まず、利用可能時期についてですが、WEB登録の場合、石川の店舗では5月22日から利用が開始できます。申込書での登録は7月1日から(石川県の店舗の場合)となっているため、利用開始がかなり遅れます。

旧カードは切り替え日(石川県は5月22日)以降は使えないので、申込書で登録を選択した場合は、その間は他の楽天ポイントカードまたは楽天ポイントカードアプリを使用するということになります。
切り替え後、カード利用開始までの間に「大阪屋ショップ独自のキャンペーン」が実施されても参加できないことになりますね。

ちなみに、大阪屋ショップがいうところの「利用開始日」とは、「大阪屋ショップ」での利用可能日のことです。
私は利用開始日前(5月19日)にエネフリで大阪屋ショップ楽天ポイントカードを使用しましたが、問題なく楽天ポイントを使って給油できました。

●インターネットでのポイント利用やほかの楽天ポイントカードとのポイント統合ができる

理由については触れてありませんでしたが、店頭申込で作った楽天ポイントカードでは、上記事項ができないとの記載が新カードの案内に記載されていました。

店頭申込みだと利用開始日までのインターバルが1ヵ月程度あることから考えると、店頭申し込みの場合は、楽天IDのようなものを大阪屋ショップから割り振られてしまうことになり、既存の楽天IDと紐づけできなくなってしまうのかなと思います。(あくまで個人的な推測です)
しかし、こうなると、本当に単なる「大阪屋ショップのポイントカード」になってしまいます。

もし、楽天市場を少しでも使うという方であれば、これは全くおススメできません。
楽天市場では、ふるさと納税などでもポイントがたまります。
ついでに買い回りキャンペーン期間などは、スロットを回してあたれば30ポイント、といったイベントを行っています。

2万円のふるさと納税で4千ポイント以上を獲得!楽天コンボ第二弾

これらの楽天ポイントを無駄なく消化するのに大阪屋ショップは非常に理想的なので、その手段を逃してしまうのはもったいないです。

大阪屋ショップでしか使えない楽天ポイントカードを作るくらいなら、他で(ミスドなど)で無料発行してくれる楽天ポイントカードを使って楽天IDと紐づけたほうがずっといいです。
そうすれば楽天市場でも、ほかの楽天ポイントカード加盟店でも利用できます。

そのやり方もよくわからないという方は、いっそ楽天カード(クレジットカード)を発行するのがおススメです

楽天カードは年会費無料還元率1%(楽天関連会社である必要はなく、常時1%還元)のカードです。
楽天市場等であれば楽天カード利用で更に還元率が上がります。
入会ポイントも5,000ポイントもらえます。

楽天カードは、以前はクレジットカード機能だけだったのですが、今はもれなく楽天ポイントカード機能もついてきます。
希望すればEdy機能もつけられます。

楽天カードだとEdyチャージにもポイントがつく

楽天カードだと楽天Edyへのチャージ(入金)200円ごとに1ポイントつきます。
現金からのチャージだといくらチャージしてもポイントはつきません。

以下で簡単に比較してみます。

●現金で支払う

買い物ポイント 200円ごとに1ポイント

→200円利用で1ポイント

●現金→楽天Edyにチャージ→楽天Edy支払い

  • 買い物ポイント 200円ごとに1ポイント
  • 楽天Edyによる支払い 200円ごとに1ポイント

→200円利用で2ポイント

●クレジットカードで支払う

  • 買い物ポイント 200円ごとに1ポイント
  • クレジットカード利用 100円ごとに1ポイント(楽天カードの場合)

→200円利用で3ポイント(楽天カードの場合)など。クレジットカードによる

●楽天カード→楽天Edyにチャージ→楽天Edy支払い

  • 楽天カードによるEdyチャージ 200円ごとに1ポイント
  • 買い物ポイント 200円ごとに1ポイント
  • 楽天Edyによる支払い 200円ごとに1ポイント

→200円利用で3ポイント

ご自分が既にお持ちのクレジットカードの還元率が1%以上なら、基本的にはそのカードで支払い+楽天ポイントカード提示で3ポイント(以上)がもらえます。

追記※現金でのEdyチャージにこだわる場合は、水曜日がお得

新カードの案内に、「毎週水曜日はEdyチャージボーナスデー」「ポイント還元キャンペーンなど嬉しい特典をご用意!」という表記があります。
実際に何%くらいの還元率で運用されることになるのかは記載がないため、今後、様子を見ていかなければわかりません。

ちなみに水曜ではありませんが、大阪屋ショップの石川県店舗では新カード適用日から1週間、店内機械で大阪屋ショップEdy-楽天ポイントカードでチャージした場合、2%付与というキャンペーンを実施していました。

つまり、200円のチャージで4ポイントです。
これだけの倍率なら、クレジットカードで支払うよりもお得という人が多数でしょうからおすすめです。

お得情報1 楽天Edy初利用ならエントリーで400ポイント+200ポイント

Edyは、多くのお得なキャンペーンを実施しています。

まだEdyを使ったことがないという方は、是非一度Edyの公式サイトをチェックしてみてください。

お得情報2 支払いはバリアブルカードキャンペーンで購入した楽天ポイント払いがお得

大阪屋ショップでは現金やクレジットカード以外に、Edyや楽天ポイントでも支払えます。

楽天ポイントは1円=1ポイントで購入することもできます。

1円=1ポイントではわざわざ購入する意味がありませんが、年に数回、10,001円で10,700ポイント程度を入手するチャンスがあります。
200円換算だと、14ポイントということになります。

このキャンペーンを入手して購入した楽天ポイントで支払いするのが大阪屋ショップで最もお得に買い物できる方法だと思われます。

ちょうど今(2018年5月29日~6月11日まで)もキャンペーン開催中です。
詳しくはこちらをどうぞ
2018楽天バリアブルカードキャンペーン最新情報


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.