背面給紙対応プリンター&購入キャッシュバックキャンペーン紹介

前々回、背面給紙対応のプリンターでないと、写真はりつけタイプの年賀状には自宅での宛名印刷が難しいという記事を書きました。

我が家のプリンターは幸いキヤノンの PIXUS MP560という古い(2009年発売)の機種なので、宛名印刷も可能なのですが、現在キヤノンでは、背面給紙に対応しているプリンターはないようです。

代わりに最近は年賀状専用プリンターなるものも色々出ているようですが、どうせ購入するなら、やっぱりプリンターが便利です。

スポンサーリンク

プリンター(複合機)のメリット・デメリット

最近はスマホがあるのでパソコンから出力する機会はだいぶ減りましたが、そうはいっても複合型プリンターが1台あると、いちいちコンビニにコピーを取りに行かなくてもいいですし(コスト的にはコンビニのコピー代と同等です)、名前シールの印刷などにも使えます。のし袋の表書きの印刷などもできるので悪筆には大切な相棒です(これは背面トレイ限定でしょうね)。

あ、ただし、写真の印刷に関しては、用紙代込みで約15.8円以上/1枚(Lサイズ)というのがキヤノンの見解ですので、写真印刷はネットプリントに出すのがお得です。
以下、キヤノンの2015年11月現在の家庭用複合型プリンター上級モデルのPIXUS MG7730のインク・用紙合計コストです。

インク・用紙合計コスト(税別)

L判フチ なし

キヤノン写真用紙・光沢 ゴールド

BCI-371XL/BCI-370XLPGBK(大容量)

約15.8円

BCI-371/BCI-370PGBK(標準)

約22.6円

キヤノン写真用紙・光沢 プロ[プラチナグレード]

BCI-371XL/BCI-370XLPGBK(大容量)

約26.4円

BCI-371/BCI-370PGBK(標準)

約34.5円

 出典:キヤノン http://cweb.canon.jp/pixus/lineup/allinone/mg7730/index.html

写真の印刷に関しては、ネットではお安いところは1枚5円程度から印刷してもらえます。
家庭用のインクジェットプリンターより安くてキレイで高品質ですよ。
ネットプリントも業者が乱立していますが、Tポイントが使えて貯まる、【Tプリント】 もオススメです。
印画紙や補正の違いで、1枚6円・9円・17円3種類の仕上がりから選べます。

実際にTプリントの17円プリントを利用しての感想と、使用できるクーポンについての記事はこちら
Tプリントのプロ仕上げで写真を注文した理由と感想 【割引チケットコード有り】

ただし、写真付き年賀状を印刷する場合は、業者に頼むよりは自宅で印刷したほうが安くあがります。
詳しくは、以下2つの記事を参照ください。

年賀状の自宅印刷コスト「1枚10円程度」を検証してみた結果
2016年年賀状 ネットプリント各社の総額価格・メリット比較

背面給紙対応プリンター(2015年現在)

先ほども述べたように、現在キヤノンでは背面給紙に対応した複合型インクジェットプリンターは発売されていません。

競合するEPSONの場合を調べてみました。

結果、EPSON カラリオでは以下のモデルで背面給紙が出来ることが確認できました。
上から順に上位モデルとなります。

  • EP-10VA
  • EP-978A3
  • EP-808AW/AB/AR

背面トレイから連続給紙が出来るのはEP-10VAのみで、それ以外は背面トレイに1枚ずつ手差しで給紙するタイプとなります。

年賀状の宛名印刷をご自宅でと考えておられる方の参考になれば幸いです。

カラリオキャッシュバックキャンペーン!

EPSONではただいま、カラリオキャッシュバックキャンペーン!を開催しています。

2015年10月30日(金)~2016年1月11日(月)の期間に
PF-81(ハガキプリンター)もしくはEP-808AW/AB/ARを購入した場合、キャッシュバックが受けられます。

EP-808AW/AB/ARの場合は3,000円のキャッシュバックです。
応募締め切りは2016年1月25日(月)※当日消印有効です。
お忘れなく!

関連記事

Tプリントのプロ仕上げで写真を注文した理由と感想 【割引チケットコード有り】

写真入年賀状ネットプリントの落とし穴。自宅での宛名印刷が出来ない場合の対応策

年賀状の自宅印刷コスト「1枚10円程度」を検証してみた結果


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。