【ドコモ】メール選択受信設定の結果と利用・解除時の注意事項

ドコモのパケット料金系節約ネタはもうおしまいにするつもりだったのですが、メール選択受信にかかるパケット通信料について、実際に設定してみた結果及び利用・解除の際の注意事項をお伝えしておこうと思います。

メール選択受信についての概要及び設定方法はパケ・ホーダイダブル解約で高額請求の憂き目にあわないための心得で触れていますので、気になる方は、そちらをご覧ください。

スポンサーリンク

メール選択受信の実験期間

メール選択受信を設定したのは12月16日(水)~29日(火)の2週間です。

メール選択受信設定前の12月2日(水)~15日(火)の2週間と比較してみます。

メール選択受信設定前後のパケット通信量

  • 設定前 5,600パケット
  • 設定中 5,088パケット

メール選択受信設定中のほうが500パケットほど少ないですが、500パケットはパケ・ホーダイダブル契約中のパケット料金だと500×0.08円=40円です。

この程度しか差がつかないのであれば、メール選択受信は設定しないほうが圧倒的に楽だと思いました。

メール選択受信設定のデメリット

誰から来たメールかわからない

メール選択受信サイトの画面で、届いたメールのメールアドレスは表示されますが、自分の携帯内に登録してある電話帳とリンクしていません
メール選択受信サイトで閲覧しているメールはiモードセンター内に留まっているメールなので、自分の携帯内部に登録している電話帳とリンクしないのは当然ではあるのですが、不便です。

いつも同じ人からメールが来る場合はいいのですが、いろんな人から不定期に連絡がある場合は、誰からのメールなのかを電話帳で確認する手間が増えます。

受信してしまうのが一番手っ取り早いのですが、迷惑メールの可能性もありますし、気分的に抵抗がありますよね。添付ファイル付きメールの場合は尚更です。

古いメールを探すのが難しい

メール選択受信サイト内の操作にはパケット通信料がかかります。届いたメールを自分の携帯に受信させるのはもちろん、確認サイト内から削除するのにもパケット通信料がかかります。
そのため、届いたメールは内容を確認してから放置していましたが、あとあと、メールの内容を確認したくなった場合には非常に不便です。

まず、メール選択受信サイトには、メールの発信者等でメールを絞り、検索する機能はありません。1通ずつ目視でタイトルやメールアドレスを見ながらそのメールを探していく必要があります。

しかも、メール選択受信サイトトップ画面では、

  • 受信日時
  • タイトル
  • メールアドレス

しか表示がないため、メールの内容を確認するためには、メールの中身を開いていく必要があります。これにも当然パケット通信料がかかります。

また、メール選択受信サイト画面では、1ページあたり10通までしかメールが表示されません。11通目以前のメールを見るには、1ページずつ遡っていく必要があり、そのメールが例えば160通前に来ていたものであれば15回も「次ページ」ボタンを押す必要があります。

メール選択受信サイトの賢い使い方

これらの経験から、メール選択受信を設定している場合は、メール選択受信サイト内にメールを保留のままためこむのはやめて、1日1回程度は受信or削除の選択をして、メール選択受信サイト内をいったん空っぽにしたほうが良いと思います。

、私はメール選択受信でメールを確認するのは苦痛が多いわりに節約が実感できなかったため、選択受信から設定を戻します。

メール選択受信は高額な写メなどのデータ部分をダウンロードせずに文章だけを確認できるというメリットはあるのですが、メール選択受信を設定しなくても、100KBまでのデータしか自動受信されません。
100KBのデータ受信にかかる金額は、パケ・ホーダイダブル契約で64円、未契約で160円です。私の場合は写メの受信は月に1~2通程度ですから、許容範囲内だと判断しました。
100KB以上のデータ量のメールが来たときには、データを圧縮して再度送ってもらうよう依頼すればよいという判断に至りました。

メール選択受信をやめるときの注意事項

本日、メール選択受信の設定をOFFにしました。
すると、突然、大量のメールが・・・。

メール選択受信をOFFにすると、それまでメール選択受信サイト内に保存してあったメールが、全て送られてきます。
今までiモードセンター内に留まっていたメールが、メール選択受信の設定をOFFにすることで、自動的に送られてきてしまうわけです。

メール選択受信の設定をOFFにする前に、メール選択受信サイト内のメールで不要なものは削除しておくことが必要ということですね。
みなさんはお気をつけください。

関連記事

パケ・ホーダイダブルの申し込み・解約方法と適用開始時期

パケ・ホーダイダブル解約で高額請求の憂き目にあわないための心得


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。