Tプリントのプロ仕上げで写真を注文した理由と感想 

最近は、撮りためた写真の管理法も、フォトブックを作ったり、オンラインアルバムで閲覧したりとさまざまですね。

私は、昔ながらにプリントした写真を台紙にはりつけてアルバムを作っています。
保育園から購入する写真はデータではなくプリントですし、知人友人からもらうのも、意外と写真現物が多いですからね。

ただ、せっかくプリントして残すからには、写真の質にもこだわりたいですよね。
それでいてできるだけ安く、節約したいという思いも当然あります。

今回は、Tプリントを使ってみました。

スポンサーリンク

Tプリントとは

5円プリントで有名なしまうまプリント をご存知でしょうか。
(現在は、最低価格が5円から6円に値上がりして6円プリントになっています)

ネットプリント界の雄、しまうまプリント。

Tプリントは、そのしまうまプリントが運営しています。

Tプリントの特徴

Tプリントは、同一サイズであっても、印画紙や仕上げにより、3種類の料金を設定しています。
(しまうまプリントは4種類)。

価格設定も、TプリントにFUJICOLOR最高級プリント仕上げがないことを除くとしまうまプリントと同一料金に設定してあります。

L版価格比較
オリジナル高級プリント 三菱製紙高級プリント FUJICOLOR最高級プリント プロ仕上げ高級プリント
しまうま 6円 9円 13円 17円
Tプリント 6円 9円 17円

しかも、Tプリントで頼むと、しまうまにはない特典が・・・。
そう、Tポイントが使える、貯まる!んです。

私も今回、全額Tポイントで支払いました。

カメラのキタムラで注文していた理由

デジカメで撮りだめた写真のプリントは今まで色々な会社で試してきたんですが、ここしばらくは、カメラのキタムラ ネットショップから注文していました。

5円プリント、10円プリントは確かに安いんですが、出来上がりは、はっきり言ってしまえば安っぽいですよね。
それに満足できなかったので、キタムラで多少お金がかかるのは仕方がないことだと思っていました。

キタムラでは店で注文すると、L版1枚38円です。
ネット注文かつ店頭受け取りの場合、L版1枚31円 100枚以上で27.9円/枚、300枚以上で21.7円/枚です。

5円プリント、10円プリントあたりと比較すると本当に高いです。

しかし、そのぶん、発色も紙の質も納得の仕上がりでした。
ツヤツヤとして、陰影がはっきりし、色に深みがある印象です。

カメラのキタムラ以外での注文に挑戦した理由

5円プリント、10円プリントで失敗を重ねてきたにもかかわらず、今回、あえてTプリントに挑戦したのは、仕上げが3種類用意されていたからです(しまうまプリントは4種類)。
3種類の仕上げから選べるということは、一番高級な仕上げを選べば、料金抑え目でキタムラと遜色ないプリントが得られるのでは、と思ったからです。

今まで試した、5円、10円プリントでは、こういった仕上げの種類を複数用意しているようなところはありませんでした。
そして、それらの印刷では残念ながら個人的には満足できませんでした。

ですから、今回はTプリントで最も高価なプロ仕上げで注文することにしました。

Tプリントプロ仕上げの長所

プロ仕上げの特徴は、人間(プロ)の手による色調補正です。

手動による補正は、Tプリント(しまうまプリント)の場合、プロ仕上げプリントのみです。
残りは機械による自動補正ですね。

Tプリントプロ仕上げの短所

Tプリントプロ仕上げで一番心配だったところが、印画紙です。

カメラのキタムラを含め、それなりの値段をとっているところは、用紙にフジカラー EVER-BEAUTY PAPER for LASERを使用し、ラボも、FUJIFILM社製のデジタルミニラボ機「フロンティア」を使っているところが多いように感じます。

それが今回のTプリントプロ仕上げでは、使用するのは「プロ仕上げ専用ペーパー」です。

若干、不安になります。

下のリストは、しまうまプリントの印画紙に関するリストです。

kita2

出典:仕様|写真プリントならしまうまプリント

最も高額なプロ仕上げ(17円)よりも、FUJICOLORプリント(13円)のほうが、印画紙の質は上という逆転現象が起きています。

それでもプロ仕上げで注文した理由

プロ仕上げで使用する印画紙の品質に不安を感じ、FUJICOLOR最高級プリントで注文しようかとも考えました。

しかし、逆に考えると、「印画紙の質が下がってもプロ仕上げのほうが仕上がりはいい」と、しまうまプリントが自信を持っているからこの値段設定なんですよね。

だって、印画紙がすべてを決めるのであれば、人の手が入ることにより料金が高くなってしまう「プロ仕上げ」を上位メニューとしておく意味がありません。

そこまで自信があるのなら、試してみようと思い、プロ仕上げで注文してみました。

プロ仕上げキャンペーン(2016年1月31日まで)

2016年1月31日まで限定ですが、Tプリント、しまうまプリントでは通常Lサイズ1枚17円のプロ仕上げが14円になっています。

送料

50枚以上メール便送料無料キャンペーンと銘打ってあります。

しかし、特にキャンペーンの終了期間が設定されていないことから考えて、Tプリントでは、どうやら送料無料が常態化しているようです。

tp

しまうまプリントの送料無料キャンペーンは100枚以上となっています。

shima

Tプリントプロ仕上げの品質(カメラのキタムラと比較)

まず用紙の厚みは、EVER-BEAUTY PAPER for LASERとそう変わらないと思います。
ただし、裏地が白というのはちょっと寂しいというか安っぽく感じます。

肝心のプリントですが、私は満足です。

カメラのキタムラとの比較になりますが、濃い色はカメラのキタムラのほうが艶があって美しく感じます。用紙の問題かもしれませんが、写真自体に艶があり、 肌も髪もつややかで人がきれいに見えます。

子供たちをポートレート風に撮影したものなどはとても雰囲気が出て素敵です。

プロ仕上げのほうは、キタムラのぱっきりとした発色に慣れていると、やや薄めに感じますが、安いプリントでよくある、ぼんやりした感じではなく、丁寧に色を合わせた結果、若干薄めに仕上がっているのかなという印象です。

たとえば、キタムラのプリントは濃い目の色が深すぎて、濃紺と黒が同じ色に見えてしまうような場合がありました。
それが、プロ仕上げだと、黒と紺、白とアイボリーとオフホワイトの違いがわかる仕上がりです。

私が注文する写真は、薄暗いため、常時電球を点灯している室内写真(日中・夜間)、保育園の運動会(体育館内)、発表会(ステージ)といった光の調整が難しいと思われる写真が多かったのですが、どれもきれいに色だしされていましたので感動しました。

値段抑え目でキタムラと同等の仕上がりなら儲け物、との考えで始めた今回の注文でしたが、仕上がりはまったくキタムラと別物です。

では、キタムラとプロ仕上げ、どちらがいいかとなると、最終的には好みの問題なんでしょうが、風景写真など、ぱきっとした色だしがあいそうなとき、色に深みがほしいときはカメラのキタムラ、屋内等光の調整が難しそうなときにはプロ仕上げの仕上がりが好みだと感じました。

Tプリント100円OFFクーポン(2016年1月1日~2月29日まで)

リサーチ不足で知らなかったのですが、Tプリントで注文すると、次回100円OFF割引チケットコードが同封されて届きます。

これを使用(注文時に割引チケット入力欄に入力)すると、次回写真プリント注文時にプリント代金から100円割引になります。

このチケットコードは、本人以外でも、誰でも利用できるそうです。

DSC_0056

Tプリントの写真プリント専用割引チケットコード: pXR5KxJtvb

です。2016年2月29日までのコードです。

プロ仕上げでなくても、6円プリントでも使えますよ。

必要な方がいらっしゃいましたらどうぞご利用ください。

【Tプリント】

カメラのキタムラ ネットショップ


スポンサーリンク

Tプリントのプロ仕上げで写真を注文した理由と感想 」への2件のフィードバック

  1. かんの しん

    初めまして(●^o^●)
    3月のクーポンコードはご存知ないでしょうか(ノ_<。)

  2. みかん雪 投稿作成者

    ご連絡が遅れて申し訳ありません。
    残念ながら、今月のクーポンコードは発行されていないと思います。先日注文したのですが、クーポンコードは同封されていませんでした。
    クーポンコードが発行されない時もあるんですね。年度末は割引しなくてもプリントの注文が多いからかもしれません。

    今回は、お役に立てず申し訳ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。