年賀状の自宅印刷コスト「1枚10円程度」を検証してみた結果

我が家では、結婚以来、写真入年賀状を送ってきました。
仕上がり重視や手間を考えてネットの業者に依頼したり、時間がある時は節約と思って自宅のプリンターを使って印刷したりしてきました。

今年も、節約のためにと思って自宅で印刷しようと思ったのですが、そもそも本当に自宅で印刷したほうが節約になるのか疑問に思い、調べてみました。

年賀状の印刷コストに関しては、キヤノンでは、ピクサスの年賀状印刷コストについて公表しています。
キヤノンによると、

年賀状印刷コスト・印刷可能枚数

インクコスト(税込)

大容量インクタンク 標準インクタンク
通信面 約7.5円(税込) 約9.9円(税込)
宛名面 約1.0円(税込) 約1.2円(税込)

当社にて、MG7130/MG6530で測定した場合の参考値です。

【出典:キヤノン:インクジェットプリンター PIXUS|年賀状印刷コストについて

となります。

算出されたコストが妥当なものか、以下で検証していきます。

スポンサーリンク

キヤノンの試算について検証する

まず、キヤノンが印刷コストを算出するために用いた年賀状がこちらです。

canon  atena
【出典:キヤノン:インクジェットプリンター PIXUS|年賀状印刷コストについて

左が通信面。右が宛名面です。通信面の画像を見て、どのように感じられるでしょうか。

私は、今まで作ってきた年賀状と比較して、白地(インクを使用しない部分)が多いように感じました。
我が家では結婚以来写真入り年賀状を作成してきましたが、こんなに白地はありません。白地ゼロの年賀状のほうが多いかもしれません。
使用している写真も、全体に白っぽいですね。

しかし、写真を使わない年賀状を作るご家庭は、測定画像より白地が多いこともあると思います。

この画像が年賀状の印刷コスト算出にふさわしいものであるかどうかはご家庭によると思いますが、少なくとも、我が家ではもっとかかるでしょう。

L判写真の印刷インクコスト

我が家での実際の年賀状印刷コストに参考になりそうな資料を探してみると、キヤノンからL判写真の印刷コストが発表されていました。
印刷コストは機種によって違ってきますので、年賀状のコスト算出に使われたのと同じ、PIXUS MG7130のコストを調べてみました。

以下、キヤノンホームページからデータを引用しています。
キヤノン:Q&A検索|【インクジェット複合機】PIXUS MG7130の印刷・コピースピード・印刷コスト(2014年1月現在)

■印刷コスト
(1) L判写真のインク・用紙合計コスト
インクタイプ 用紙種類 フチあり/フチなし カラー/モノクロ インク・用紙 合計コスト
大容量 キヤノン写真用紙・光沢 ゴールド フチなし カラー 約 15.5 円 (税別)
標準 キヤノン写真用紙・光沢 ゴールド フチなし カラー 約 20.9 円 (税別)

ここでは、インクと用紙の合計コストになっています。
純粋にインク代を調べたいので、用紙のコストをマイナスします。

印刷コスト算出の前提を調べてみます。

キヤノン:Q&A検索|印刷コスト/印刷スピード測定環境について(2014年1月以降) によると、
キヤノン写真用紙・光沢 ゴールド L判 400枚 1705円

で算出されていますから、用紙代は1枚あたり、4.26円ですね。

となると、写真1枚の印刷にかかるインク代は、

  • 大容量インク・・・15.5-4.3=11.2円(税別)
  • 標準インク・・・20.9-4.3=16.6円(税別)

キヤノン試算による年賀状印刷にかかる印刷コストのインク代

  • 大容量インク・・・ 約7.5円(税込)
  • 標準インク・・・約9.9円(税込)

とは、だいぶ差が出てきました。

年賀状(はがきサイズ)の写真印刷コスト

更に、写真(Lサイズ)は 89mmx127mm、はがきサイズは100mmx148mmです。
面積比でいうと写真:はがき=113:148でかなり違ってきますので、年賀状全面に写真を印刷するようなタイプだと、価格差がもっと出てきます。

単純に比率をかけてみると、

  • 大容量インク・・・11.2×148÷113=14.7円
  • 標準インク・・・16.6×148÷113=21.7円

おお。結構違ってきます・・・というか、キヤノンの試算の約2倍ですね。

PIXUS 現行機種 の年賀状印刷コスト

以上は、PIXUS MG7130(2013年発売)の場合です。

現行機種ではどうでしょうか。
L判写真のインク・用紙合計コストがキヤノンのHPに掲載されています。

上位機種から順に並べてみました。

L判写真のインク・用紙合計コスト
(キヤノン写真用紙・光沢 ゴールド使用)
機種 大容量インク 標準インク
MG7730 約15.8円(税別) 約22.6円(税別)
MG6930 約15.8円(税別) 約22.6円(税別)
MG5730 約15.1円(税別) 約20.0円(税別)
MG3630 約18.6円(税別) 約24.3円(税別)

年賀状印刷コストの基準となったMG7130では、大容量インク・・・15.5円(税別)標準インク・・・20.9円(税別)でした。

中位機種のMG5730が最も安く、下位機種のMG3630が最も割高ですね。

用紙代金(4.3円)を控除した上で、サイズをL判からはがきサイズにして計算してみました。

年賀状(はがきサイズ)の写真印刷コスト
機種 大容量インク 標準インク
MG7730 約15.1円(税別) 約24.0円(税別)
MG6930 約15.1円(税別) 約24.0円(税別)
MG5730 約14.1円(税別) 約20.6円(税別)
MG3630 約18.7円(税別) 約26.2円(税別)

以上に関しては個人的な試算で、キヤノンのデータではありませんのでご了承ください。
しかしながら、一応の目安にはなると思います。

2009年発売 PIXUS MP560 の年賀状印刷コスト

我が家のプリンターは2009年発売のPIXUS MP560ですが、この機種の時には、大容量インクなるものが存在しませんでした。
割安になる大容量インクが存在しないとなると、一体印刷にいくらかかるのか・・・とても恐ろしいですね。

しかし、調べてみると意外な結果が・・・。

■印刷コスト
(1) L判写真のインク・用紙合計コスト
用紙種類 フチあり/フチなし カラー/モノクロ インク・用紙 合計コスト
キヤノン写真用紙・光沢 ゴールド フチなし カラー 約 15.5 円 (税別)

【出典:キヤノン:Q&A検索|PIXUS MP560の印刷・コピースピード・印刷コスト(2009年9月現在)

そう。PIXUS MG7130の大容量インクのコストと全く同じだったんです。
ということは、たとえ全面印刷しても11.2×148÷113=14.7円(税別)ですね。税込で15.9円です。

写真入年賀状自宅プリントのコスト

写真入年賀状を自宅印刷する場合に、もう1つ、インクジェット写真用年賀状の代金が必要になります。
インクジェット写真用年賀状は通常の年賀状代金に10円上乗せになります。

では、最後にPIXUS MG7130(及びMP560)の写真入年賀状の印刷コストを以下にまとめます。

インクジェット写真用年賀状(62円)+通信面コスト(15.9円)+宛名面(1.0円)=78.9円

自宅印刷かネット印刷かの判断材料にしていただけると幸いです。

関連記事

写真入年賀状ネットプリントの落とし穴。自宅での宛名印刷が出来ない場合の対応策

2016年年賀状 ネットプリント各社の総額価格・メリット比較

背面給紙対応プリンター&購入キャッシュバックキャンペーン紹介


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。