パケ・ホーダイダブルの申し込み・解約方法と適用開始時期

先週の記事で、パケ・ホーダイ ダブルのメリット・デメリットについて解説しました。

パケ・ホーダイ ダブルを契約していると、パケット通信の請求額に上限があり、パケット契約がない場合に比べパケット通信料が60%オフになるというメリットがあります。
ただし、通話プランの無料通信分(ずっとくりこし分含む)はパケット通信料に適用されない、というデメリットもあります。

そこで、今回は、パケ・ホーダイダブルの申込み・解約方法を調べてみました。

パケ・ホーダイダブルの解約についてはドコモ公式HP上での記載が見つかりにくいと思います。
ドコモでは解約ではなく「廃止」という言葉を使っています。

公式HP上で確認する際は、「廃止」という言葉で検索するとスムーズに検索できると思います。

スポンサーリンク

パケ・ホーダイダブルの申込方法

パケ・ホーダイダブルの申込先

  • パソコン(My docomo)
  • 携帯端末(ドコモオンライン手続き)
  • ドコモショップ
  • ドコモインフォメーションセンター

パケ・ホーダイ ダブル : お申込み方法 | 料金・割引 | NTTドコモ

パケ・ホーダイダブルの解約方法

パケ・ホーダイダブルの解約の手段は二つしかありません。

よくあるご質問(FAQ) | お客様サポート | NTTドコモ

ドコモインフォメーションセンター

  • 受付時間午前9時~午後8時
  • 年中無休
  • 通話料無料

電話番号は以下のとおりです。

  • ドコモ端末から 151(無料)
  • 一般電話から 0120-800-000(無料)

ただし、非常に電話がつながりにくいことで有名です。
気持ちと時間に余裕を持っておかけください。

ドコモショップ

ドコモショップも待たされることが多いと思います。
ただし、各ショップに直接電話すれば、来店予約が出来るので待ち時間は多少圧縮できます。

パケ・ホーダイダブル申し込みの際の適用開始

現在の契約 パケ・ホーダイ ダブルの適用開始時期
パケ・ホーダイ フラット 翌月からの適用
パケ・ホーダイ ダブル2
パケ・ホーダイ シンプル タイプシンプル バリュー(orタイプシンプル)からそれ以外のFOMA料金プランへの変更に伴い、自動的に移行
パケ・ホーダイ 「当月1日にさかのぼった適用」「翌月からの適用」から選択
パケ・ホーダイフル
Biz・ホーダイ
パケット定額サービス未契約 「当日(申し込み後の通信分)からの適用」「翌月からの適用」から選択

パケット定額サービス未契約の際には、要注意です。
「今日使い過ぎてしまった!」と思って「当日からの適用」を選択してパケ・ホーダイダブルに加入しても、パケ・ホーダイダブルが適用されるのは、申込み後の通信分からに限ります

「当日からの適用」の場合、申込月の定額料372円は、利用日数分の日割り計算です(定額料は1円未満を切り捨て、無料通信分は1円未満を切り上げ)。
ただし、ケータイ(iモード・spモード)上限額およびiモードフルブラウザ上限額は、利用日数にかかわらず、日割りで計算されません

一回限りの救済措置

パケット定額サービスが未契約であるにも関わらず、ネットに接続した結果、非常に高額な請求を受けてしまうこともありえます。そういった場合には、一度限りですが、救済措置があります。

契約回線あたり1回に限り、申込み前月からパケ・ホーダイダブルを適用することができます。
(その場合、前月から適用したものとみなして再計算を行い、翌月の請求にて差額を返還する形になります。いったん支払う必要があるということですね。なお、差額の返還に伴い、dポイントについても取消しとなります)。
前月からの適用は、「ドコモ インフォメーションセンター」またはドコモショップでのみ対応可能です。

一度限りの救済措置なので、安易に使わないほうがいい場合もあると思います。
よく考えてからご利用ください。

パケ・ホーダイダブル解約の際の適用開始

パケ・ホーダイダブルの解約を目的として申し込んだ場合

  • パケ・ホーダイダブルの解約手続きをした場合
    当月末を以って廃止
  • iモード・spモードの解約とパケ・ホーダイダブルの解約を同時に申込んだ場合
    →廃止後からパケ・ホーダイダブルの適用対象外となる場合も

パケ・ホーダイダブル対象外の料金プランに変更することに伴う解約

  • タイプシンプル、タイプシンプル バリューに変更
    →同月内にパケ・ホーダイ ダブルとパケ・ホーダイ シンプルの両方の契約があった場合
    ・・・パケ・ホーダイ ダブルの定額料は0円。無料通信分も無し
  • タイプシンプル、タイプシンプル バリュー以外に変更
    →定額料372円は日割りで計算せず、1か月分がかかる

関連記事

【年間5万円節約】ガラケーでのサイト接続を原則的にストップした結果

パケ・ホーダイダブル解約の是非を検討。メリット・デメリット徹底解剖

パケ・ホーダイダブル解約で高額請求の憂き目にあわないための心得


スポンサーリンク

パケ・ホーダイダブルの申し込み・解約方法と適用開始時期」への2件のフィードバック

  1. 小山 進

    PCから、何度も解約の手続きを試みましたが出来ませんでした。貴殿のブログで確認して早速インフォメーションに依頼して完了しました。どうも有り難うございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。