【個人型確定拠出年金】また失敗!?口座開設通知を放置してしまったらどうなる?

個人型確定拠出年金口座開設にあたり、2度も書類をつきかえされましたが、3度目の正直でようやく口座開設のお知らせが届きました。

しかし、私はまたやらかしてしまいました。

スポンサーリンク

口座開設連絡が来た後、放置していてはいけない

個人型確定拠出年金は、運用するファンドの中身を個人が指定する必要があります。

このあたりの理屈はわかっていたのですが、あまりの忙しさに後回しにしていたところ、26日を過ぎてしまいました。

26日というのは、掛け金の引き落とし日です。
私の場合、(正確には私の夫の場合)は、5月26日が初回の掛金引落日だったのですが、ふと気づくと28日に・・・。

初回引落日までに手続きを行わないとどうなるか

初回の口座引落日までに必要な手続きをおこなかった場合にどうなるか、個人的には以下の4パターンを考えました。

  1. 口座引落が行われず、商品も購入されない
  2. 今回は口座引落がされないが、次回の引落時に2ヶ月分まとめて引き落とされる
  3. 口座引落がされ、商品を選定後にまとめて購入される(資金がプールされる)
  4. 口座引落がされ、何らかの商品が購入される

基本的に引落日に口座から引き落とせなかった場合は、その月の掛金は拠出されなかったという扱いになるため、2の取り扱いは難しいはずです。

しかし、1・3・4のいずれになるのか、もしくは別の方法がありうるのか、とネットで検索したのですが、それらしい内容を探し出すことができませんでした。

答えは確定拠出年金のマイページ内に

とりあえず、来月のために商品選定だけはすませておこうと、確定拠出年金の口座にログインしてみたところ、以下の画面が表示されました。

一番下の「毎月掛金額の商品別配分」をご覧ください。
以下の記載があります。

「現在、配分割合が指定されている商品はありません。
締め切りまでにご指定がない場合は、規約等にもとづき所定の商品が購入されます。

つまり、商品を指定していない場合は、自動的に「所定の商品」が購入されることになるんですね。

4が正解ということでした。

ちなみに、この自動的に購入される「所定の商品」とは、元本確保型商品である“みずほDC定期預金”だそうです。
コメントにて教えていただきました。
ありがとうございます。

今なら初回分の商品選定に間に合う!?

そして、いよいよ、商品の選定という段階に至り、新たな事実が判明しました。
以下の画像は、商品配分のページの最下部です。

6月8日午後5:30までに商品選定をした場合は、その内容が5月26日の引き落としの掛金分から反映されることになる、と書いてあります。

つまり、26日に引落された掛金分の商品選定が、今ならまだ間に合うということです。

これは、口座から引き落とした当日に金融商品を買い付けるわけではなく、数日のタイムラグがあるということだと思います。

色々探したのですが、国民年金基金連合会から送られてきた「加入者・運用指図者の手引き」には記載がありませんでした。また、ネット上にも見当たりませんでした。

何冊か読んだ本には記載があったのかもしれませんね。図書館は便利なんですが、現物が手元にあったほうがいいこともあると再認識しました。

まとめ

今回の話をまとめると以下のとおりです。

  1. 口座開設の連絡があったら、忘れないうちに商品選定をするのがおすすめ
  2. 掛金の引落日の9営業日後までに商品選定をすれば、それが購入商品に反映される
  3. 掛金の引落日の9営業日後までに商品選定が間に合わなかった場合は、規約に基づき所定の商品(定期預金)が購入される

追記

コメント非公開希望の方からスイッチングに関するコメントをいただきました。
ありがとうございました。

非公開をご希望でしたので、全文を掲載することはできません。
ご指摘の内容の要旨は以下のとおりです。

初回引落における商品選定が間に合わず、「所定の商品(みずほDC定期預金)」が自動的に購入されてしまったとしても、その後、希望する商品に預け替えることが可能です。
保有商品を売却し、その代金で新たな商品を購入するというシステムになります。(このシステムを「スイッチング」と言います。)
上記のシステム上、売却と購入の間には、数日のタイムラグが生じます。

楽天証券によるスイッチングの解説
楽天証券 > 保有商品の入替(スイッチング)方法

つまり、初回の商品選定に間に合わなかった場合も、過度に心配することはありません。
ただし、商品選定と、その結果の運用はもちろん自分自身に返ってくるものです。

特に、「所定の商品」である元本保証型の商品は、確かに元本は保証されるのですが、手数料が必要なため、運用がマイナス(実質的に元本割れ)になってしまいます。

できれば早めに商品選定、そして必要に応じてのスイッチングを心掛けたいところです。

関連記事

楽天証券から個人型確定拠出年金の提出書類が不備で戻ってきた【2回目】

児童手当がもらえるかどうかのボーダー世帯が個人型確定拠出年金加入を検討すべき理由と注意点

【個人型確定拠出年金】 楽天証券での資料請求(オンライン申込)の方法と注意点


スポンサーリンク

【個人型確定拠出年金】また失敗!?口座開設通知を放置してしまったらどうなる?」への2件のフィードバック

  1. 匿名

    所定の商品とは元本確保型商品である“みずほDC定期預金”になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。