ドコモの更新ありがとうポイントは申請しないともらえないって知ってましたか?

「ずっとドコモ割」の更新ポイント3,000ポイントは、申請しないともらえないって知ってましたか?

私は もう少しで貰い損ねるところでした。
「ありがとう」という気持ちが本当にあるなら、自動的に付与してくれればいいんですけどねえ。
申請しないとくれないなんて、本当に感謝してるんでしょうか・・・。

今回は、「ずっとドコモ割」「更新ありがとうポイント」について簡単にご説明します。
ついでに、更新ありがとうポイント(用途・期間限定dポイント)を通常ポイントに変える裏技もご紹介します。

目次

  • 「ずっとドコモ割」とは
  • 「ずっとドコモ割コース」のメリット・デメリット
  • 更新ありがとうポイントとは
  • 更新ありがとうポイントを獲得する手続き
  • 更新ありがとうポイントの注意事項
  • 更新ありがとうポイント(用途・期間限定dポイント)を通常ポイント(dポイント)や楽天ポイントに交換する裏技

スポンサーリンク

「ずっとドコモ割」とは

ずっとドコモ割とは、従来どおりの「2年縛り」の契約です。
2年間の契約期間中に解約等を行うと、9,500円の解約金がかかります。

解約金が発生しないように解約するには、2年の契約終了後の2ヶ月間に解約する必要があります。
対象となるのは、「カケホーダイプラン」「カケホーダイライトプラン」「データプラン」契約です。
これらのプランからプラン外の契約に契約期間中に変更した場合も解約金がかかります。

2016年6月以降に、従来の2年契約が満了した場合(かつドコモとの契約を解約しない場合)は、従来どおりの「ずっとドコモ割コース」を契約するか、いつ解約しても解約金が発生しない「フリーコース」に変更するか選べるようになりました。

選べるといっても、自分からアクションしない限りは、自動的に「ずっとドコモ割コース」での更新になります。

「ずっとドコモ割コース」のメリット・デメリット

「ずっとドコモ割コース」のメリット

  1. パケットパック料金が割引される
  2. 更新ありがとうポイントが獲得できる

パケットパック料金の割引については、従来からあるシステムです。
「ずっとドコモ割コース」のメリットというよりは、「フリーコース」を選んだ場合、この割引が受けられなくなるという表現が正しいと思います。

割引になるパケット料金は、ドコモとの契約年数と契約しているパケットパックによって異なります。

我が家の場合は、15年以上利用のパケットパックMなので、月々800円の割引です。
最大割引額は、ウルトラシェアパック100・15年以上のドコモ暦の場合で、月々2,250円の割引です。
具体的な割引額については、ドコモの公式HPからご確認ください。

更新ありがとうポイントとは、2年間の契約満了後、更に「ずっとドコモ割コース」で契約を更新した場合にもらえる、期間・用途限定のdポイントのことです。
もらえるポイント数は一律3,000ポイントです。
更新ありがとうポイントの詳細は後述します。

「ずっとドコモ割コース」のデメリット

2年間の契約期間中の解約等をした場合、9,500円の解約金がかかります。

「ずっとドコモ割コース」と「フリーコース」の選択

こうしてみると、「ずっとドコモ割コース」は、更新ありがとうポイントのシステム以外は、ほとんど従来どおりの2年縛りの契約です。

解約などを検討している場合には「フリーコース」を選ぶメリットがありますが、そうでないなら、月々のパケットパック代が割高になる「フリーコース」を選ぶメリットはありません。

更新ありがとうポイントとは

2年縛りの契約期間満了後も、続けて2年縛り(「ずっとドコモ割コース」)の契約を継続した場合、3,000ポイントがプレゼントされます。

ポイントは、更新ごと(2年ごと)にプレゼントされます。

ただし、更新ありがとうポイントは自動付与されるわけではありません
更新ありがとうポイントの獲得には、手続きが必要です。

「更新ありがとうポイント」獲得の手続き

「更新ありがとうポイント」が獲得できる時期

2年間の定期契約(既存の2年縛り契約・「ずっとドコモ割コース」)満了後2ヶ月間の契約更新期間中に解約やコース変更をせず「ずっとドコモ割」コースで更新した場合、「更新ありがとうポイント」を獲得できるようになります。

「更新ありがとうポイント」が獲得可能なのは、更新期間終了後6ヶ月間だけです。

更新ありがとうポイントの獲得手続きができるようになったことは、SMSで通知が来るそうです。

自分に来るメールならチェックできますが、家族のアカウントは注意が必要ですね。
我が家の場合も、夫がこういうことに全く関心がないので、もう少しでポイントを貰い損ねるところでした。

「更新ありがとうポイント」がもらえる時期かどうかの確認方法

実際に、今、「更新ありがとうポイント」がもらえるかどうかは、My docomo からチェックしてください。

「更新ありがとうポイント」がもらえる場合は、「おすすめコンテンツ」という項目の直下に、「更新してくれたあなたにdポイント3,000ポイントプレゼント!更新ありがとうポイントのお手続きはコチラ」の文言があります。

「更新ありがとうポイント」の獲得方法

「更新してくれたあなたにdポイント3,000ポイントプレゼント!更新ありがとうポイントのお手続きはコチラ」の文言があった場合は、当該リンクから、更新ありがとうポイント獲得の手続きが出来ます。
(「申込む」ボタンをクリック)

ポイントが獲得できたときは、「お手続きが完了しました」との表示があり、数分後に保有dポイント数が増えます。

ちなみに、上記の文言は、更新ありがとうポイント獲得後も表示されています。
既にポイント獲得済みのときには、手続きを進めていくと「お手続きできませんでした」の表示が出ます。

★My docomoのリンクを辿るのさえ面倒だわ~、という人は、こちらのリンクから「更新ありがとうポイント」の獲得ができます。

 「更新ありがとうポイント」の注意事項

6ヶ月の期間限定

「更新ありがとうポイント」でもらえるdポイントは、6ヶ月間の期間限定です。

しかも、ポイント獲得から6ヶ月ではありません。
ポイントが獲得できるようになった日(=無料解約期間終了の翌月)から6ヶ月です。

「更新ありがとうポイント」が獲得できる期間=利用できる期間、となります。
「更新ありがとうポイント」の獲得は早めに行いましょう。

用途も限定

「更新ありがとうポイント」でもらえるdポイントは、用途も限定されています。

一番大きいところでは、ケータイ料金の支払いに使うことができません。
あとは、データ量の追加、商品が当たる抽選、寄付、交換商品に使用することが出来ません。

個人的には、一番利用しやすいのは、ローソンやマクドナルド等での使用でしょうか。
dポイントの利用方法については、d point clubに一覧表がありますので、興味のある方は確認してみてください。

期間限定ポイントを通常ポイントや楽天ポイントに交換する裏技

期間限定のdポイントが3,000ポイントもあると、ポイントの獲得時期によっては、有効期限内に使い切るのには少し苦労することもありますよね。

うちの場合は、1月後半に獲得したポイントを3月末までに使わなくてはいけません。
そこで、色々と活用法を検索した結果、使えそうな裏技を2つ発見しました。

1. 期間・用途限定dポイントを通常ポイントに交換

これは、ローソンのお試し引換券の制度を利用した裏技です。

ローソンネットでお試し引換券の事前予約クーポン申し込み→キャンセル
繰り返すだけです。

こちらの裏技に関しては、「最強、クレジットカード」というサイトから情報をいただきました。
詳しくは以下の記事をご覧ください
【裏ワザ】dポイントの(期間・用途限定)ポイントはコンビニのLAWSON(ローソン)でお試し引き換え券にも使える!

メリットは、期間が4年の通常ポイントに交換できることです。

デメリットは、ポイント数が多かったりお試しのアイテム数が少ないと若干面倒なことくらいです。
あとは、この手の裏技は、完全にシステムの抜け穴ですから、いつ塞がれるかわかりません。
楽天でいえば、出光を使ったロンダリングもふさがれました。
近い将来、この裏技は使えなくなるかもしれないということを念頭においておく必要はありそうです。

2. 期間・用途限定dポイントを楽天ポイントに交換

こちらの裏技は、ジョーシンの実店舗を利用した裏技です。
当然ながら、ジョーシンが近くにない場合は、この手段は利用できません。

方法はこちらも簡単で、ジョーシンでdポイント(事前にdポイントカード〔無料〕の入手・登録が必要)で楽天ポイントギフトカードを購入するだけです。

ちなみに、ジョーシンでdポイントを利用するには、ジョーシンのポイントカード(無料)を作成する必要があります。
楽天ポイントを使う場合も同様にジョーシンのポイントカードが必要です。

こちらの裏技に関しては、「千葉マリン26マイラー」というサイトから情報をいただきました。
リンクを張りたいのですが、大人の事情から、記事のタイトル名のみ転載いたします。
コピペで検索してみてください。
⇒dポイントで楽天ポイントギフトが買えた!【ジョーシンで実質ポイント交換】

楽天ポイントに交換する場合のデメリット

楽天ポイントへの交換に関しては、注意喚起しているサイトが見当たらなかったのですが、かなり大きなデメリットがあるので、ご注意ください。

楽天ポイントに交換する場合の最大のデメリットは、交換した楽天ポイントにも有効期限があるということです。
楽天ポイントギフトカードで購入した楽天ポイントの有効期限は6ヶ月です。

楽天アカウントと紐付けた日から6ヶ月ではなく、ジョーシンのレジを通した日から6ヶ月です。
楽天バリアブルカードキャンペーンなどを使い倒している楽天ヘビーユーザーであれば問題ないでしょうが、上記の説明がちんぷんかんぷん、という人にはあまりおススメできません。

もしくは、楽天バリアブルキャンペーンを活用できるほどの楽天ユーザーになる、という道もあります。

ちなみに、私のブログ内で最も閲覧数が多いのが、楽天バリアブルキャンペーンに関する記事です。
興味のある方は、一度ご覧ください。

楽天バリアブルカードキャンペーンの概要と注意点
2017楽天バリアブルカードキャンペーン最新情報

関連記事

ドコモの0円タブレット解約で、今更わかった話

「ケータイ補償お届けサービス」 ホントのところ


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。